コメントは受け付けていません。

comment for





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

タロウは故郷に戻って来ました、しかし、風景のありさまは変わります。

私は、それが自分で生きるようだった家を捜して一度を訪問しようとしました。

家から見たことのない老人は、出て、言いました。

「浦島太郎という名の人は、私の曾爺より年をとった漁師と釣りに出かけたこととともに戻って来たようではありません」。そこで、それに言われる墓は、村の端でそれを建ててやられる浦島太郎という名の人の母です。

タロウは老人の物語を聞きました、そして、ステップは自分以来押し流されるほとんど時間が村を出発しないということを知っていました。

そして、私はたとえ私がムラナカを歩き回ったとしても、よく知られている誰かが村人で決して抑えなかったそのもののものに驚きました。

失望と孤独感において、私は私が私の手で持っていたウラシマの箱について心配し始めました。

私は「私が戻ることをあきらめるならば、ウラシマの箱を開けることができます」。私は、もう一度少なくともウラシマの箱を母さえと合わせるかもしれません。

タロウは、ウラシマの箱の岸を開けました。
白いとき、そして、細い煙は上がります、そして、現在、タロウの回りに渦巻いたかどうかに関係なく、それを考えてください;山の、遠くに消えました。

「目は、煙のため、おそらくベールを被っています」

私は、私が人の声のために煙のため、声に合わせてしわがれ声になったと思いました。

私がハンドルを打って、立っているならば、背中は成長しません。

私は、その人の手がそれからしわと汚れでいっぱいになると気がつきました。

手が無意識にあまりにたくさんの思いもかけないことのため、頬に触れるとき、皮膚は締まりがないです。

私は方法が自分でそれになったことを確認するために歩き始めました、しかし、今度は求められているちょうどその時、体は動きません。

私がとうとう水辺に到着して、その人の数字を推定したとき、数字は白い髪の老人でした。

タロウは、力がその間に着実に抜けるのを感じます。

私はすぐにそれをして、砂浜で倒れました。

意識は消えて行きます。

呼吸は、光になります。

それは、動きませんでした。

私は、すぐに話せなくなりました。
スポンサーサイト
category : 未分類  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。