コメントは受け付けていません。

comment for momotarou1





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

momotarou1

これなんて桃太郎
 昔々、それがありそうでした、そして、おじいさんとおばあさんは生きました。
 おじいさん(山へしばかりに)に関しては、おばあさんは洗うために、川に行きました。
 おばあさんがそれを川で洗ったとき、ドンブラコ、ドンブラコと大きい桃は流れました。
私「不快である、そして、こんなに良い記念品なる」、おばあさんは大きい桃を拾って、家にそれをもたらしました。
 そして、中央の酒の勢いの良い男の赤ちゃんは、それがそう桃を伐ろうとしたとき、そのおじいさんとおばあさんが桃を食べたことを外へ飛びました。
「きっと、神はあなたにこれを与えるにちがいありませんでした」、おばあさんは子供のそこにいなかったおじいさんと一緒の喜びです。
 おじいさんとおばあさんは、桃モモタロウから生まれる男の子を指名しました。
 スクスクはモモタロウになって、まもなく強い男の子になりました。
 そして、ある日、モモタロウは言いました。
「線は、私に下手な鬼を皆殺しにします、鬼の島」(おにがしま)、私がおばあさんに雑穀ゆで団子を作らせたとき、And Iは鬼の島に行きました。
スポンサーサイト
category : 未分類  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。